ブライダルローン審査はクレジットカードで不利になる?

ブライダルローンというローンを申し込む時に必須となる必要書類は

普通のカードローンと同様、申込書や本人確認書類、収入証明書などになります。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンといって、使途が限られているローンなので結婚式場や不動産屋の請求書や見積書も必要です。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローン対象外になることがありますのでご注意ください。

ブライダルローンを利用して代金を支払った式場代などの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することになります。

ブライダルローンとカードローンはローンを組んで借りると言う点では共通していますが実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンでは3.0%から18.0%と高い金利に設定されているのです。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますが1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ローンを組むに当たりキャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

ブライダルローンの借入先として消費者金融を考えているという人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンでは300万円まで借りられるのですが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていますので楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがみずほ銀行で無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダル資金と言うと結婚式や結婚指輪など100万円単位の大金が必要になってきます。

結婚式以外にも新婚旅行や引っ越し費用などそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそれらの多額の資金を低金利で貸し出すのですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査結果によっては保証人を求められる場合があります。

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますが一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

例えば1人あたり3万円のご祝儀をくれたとしても招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

頑張って100人招待できれば300万円集まってご祝儀で完済しきれる計算になります。

残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

ブライダルローンは結婚関連の出費のみ利用可能という制限がありますが

結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が自営業の住宅ローンを組むことになると思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

通常、住宅ローンの頭金は多く用意できるほうが良いとされていて物件価格の2割から3割あるのが理想的です。

その計算に基づきますと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円にもなりますからぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで融資を受けたお金を自営業の住宅ローンの頭金に回すことで低金利で融資を受けることが可能となります。

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は融資額は10万円から300万円で、貸付利率は6.0%から13.2%となっています。

申込条件は満20歳以上で安定した収入がある人で、収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

申込に必要な書類は本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しとなりますがオリコでの借入れ額の総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要です。

又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスで通常のカードローンよりも低金利でお金を借りられます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンは目的別ローンなので無利息サービスはありません。

もし、結婚に関する資金を無利息で借りたいのであれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているのでご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

ブライダルローンを申し込む際の必要書類は申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

そのほか、勤続年数や雇用形態を融資条件として加味している所も多く勤務先や勤続年数などが記載された勤務証明書の提出が求められる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンですから結婚式場や新婚旅行の旅行会社、新居の不動産屋の請求書や見積書も必要となってきます。

既に支払い済みの場合はローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーを取り融資を受けた金融機関に提出しなければいけません。

総量規制を知っていますか?総量規制というのは、収入の3分の1を超える融資を禁止とした規制で消費者金融などに適用されるというものです。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制を計算すると、750万円から1
050万円の年収が必要になる計算です。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしこのままでは結婚式を挙げられないのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、銀行なら貸金業法は無関係となりますし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に通らなければいけません。

ブライダルローンは低い金利で融資をしてもらえますのでカードローンより審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

また、過去に滞納履歴や債務整理の経歴があったり複数から借り入れがある人は要注意です。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報自体が記録されていないので落とされる可能性はあります。