ブライダルローン審査の基準の件に関する情報

ブライダルローンと貸金業者の関係

総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止した規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制が考えると、年収が750万円から1
050万円必要になってしまいます。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行は銀行法によって規制されていますから貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを扱う信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は普通のカードローンと同様、申込書や本人確認書類、収入証明書などになります。

勤続年数や雇用形態を融資条件にしているところも多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローン対象外になってしまう場合がありますので、支払う前によく確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することが求められています。

ブライダルローンは結婚に利用目的を限定して融資してくれるサービスで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、ブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

消費者金融のカードローンであれば、初回利用者は約30日の無利息期間が設けられていることが多いのでご祝儀で完済できる見込みがあれば、実質無利息のブライダルローンということになります。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

金利についても大きく違いがあり、ブライダルローンは5%から7%なのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンだと、は実績を積まなければ数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

通常のカードローンよりも金利が低くというメリットがありますが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローン返済方法についてどの方法がベストなのかと悩む人は多いと思いますが仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待する人数が70人の場合はご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になります。

しかし、何とか頑張って100人を招待することができればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀を使って一括返済できたという人は全体の45%ほどで残りの人たちは一括返済が叶わなかったということですから、ご祝儀をあてにしすぎるのは良くありません。

ブライダルローンは圧倒的に低金利

銀行のブライダルローンは目的別ローンとされていることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使途が自由なフリーローンとなっています。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対しカードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。

ブライダルローンは結婚関連の出費のみ利用可能という制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が自営業の住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

一般的に住宅ローンの頭金は多いほど良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

例えば、2000万円の物件を購入する場合には、頭金は400万円から600万円ということですのでとてもじゃありませんが、一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで借り入れたお金を自営業の住宅ローンの頭金の一部に回してしまえば低金利での資金調達が可能となるのです。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行のブライダルローンの金利は5%から7%が相場ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0から15.9%ですので、高いのは否めません。

金利面から判断すると銀行のブライダルローンのほうが有利に思えますが、クレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

ジャックスのプレシャンテは金利が6.5%ですから楽天銀行よりも低金利な上に限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

クレジットカード会社のオリコが提供するブライダルローンはブライダルプランという商品名で金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので収入や勤続年数などの条件は特にないようです。

返済期間は6か月から最長84か月(7年)ですが融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

ローン申込書や本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になるほかオリコでの借入れ額の総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要です。

又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

みずほ銀行にはブライダルローンという商品はありませんが結婚式などにも利用できるみずほ銀行多目的ローンがあります。

ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件となっています。

更に低い金利である変動金利も選択できます。

さらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

勤続年数が2年以上で前年度税込年収が200万円以上です。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。