ブライダルローン審査が基準は危険なの?

ブライダルローンで通るための基準は

ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンというのは資金用途が制限されているローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ブライダルローンの選び方で肝心なことはローンの使途の範囲がどこまでなのかということです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

ブライダルローンというローンは結婚式のために借りる方が多いと思いますがお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが大切です。

結婚式費用だけでも300万円が相場なのでまずは300万を想定し毎月の返済額や、借入金利を含めて計算してみましょう。

借入金が300万円、ボーナス払いナシ、金利7%、毎月4万円という数字で計算してみたところ、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、100万円くらいは赤字になる人が多いようです。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

ブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のようにブライダル専門のローンを用意している銀行もありますが多くの銀行では目的別ローンなどで対応していることが一般的です。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利面から見ると銀行のブライダルローンのほうが魅力的ですがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

その中でもジャックスの「プレシャンテ」は金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが最長返済期間は7年で、最大融資金額が300万円、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

固定金利は年6.700%なので、かなり低い金利に設定されているのですが更に低金利な変動金利も選択することができます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上必要で、前年度税込年収が200万円以上となっています。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通る必要があります。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも厳しい審査になることは避けられません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり数社から借り入れしている人は条件は厳しいと言わざるを得ません。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

ブライダルローンの必要書類は一般のカードローンと一緒で、本人確認書類、収入証明書などになります。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務証明書が必須というところもあるようです。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して代金を支払った式場代などの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することになります。

ブライダルローンの最高金利は

ブライダルローンというローンは結婚に関することでしか使えないという制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

家を購入することになれば、ほとんどの場合で住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

一般的に住宅ローンの頭金は多いほど良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

そこでブライダルローンの登場です。

ブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利でブライダルローンも自営業の住宅ローンも組むことができるのです。

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員の人や、楽天銀行に口座が持っている人ならば簡単に手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており毎月の返済額は1万円から可能なので、余裕のある返済が可能です。

楽天銀行から借り入れをする際に注意することは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

そのため、ブライダルローンを申し込んだ時点で、既に楽天スーパーローンで300万円の借金があるという場合はブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資を受けた後には領収書や振込控の写しなどを1か月以内に提出しなければいけません。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚にかかる費用は挙式だけでなく新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス20から30万円多くなることを想定しておきましょう。

ブライダルローンを借りる際に返済方法で悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

例えば1人あたり3万円のご祝儀をくれたとしても招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

頑張って100人招待できればギリギリ300万円で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますが残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

総量規制を知っていますか?総量規制というのは、収入の3分の1を超える融資を禁止とした規制で消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式は平均して250万円から350万円かかると言われていますから総量規制が適用された場合は年収が750万円から1
050万円必要になる計算です。

若い人はそんな収入はないでしょうし、このままでは結婚式を挙げられないのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されますので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングは貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで通常のカードローンよりも低金利でお金を借りられます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンには無利息サービスは設けられていません。

もし、結婚に関する資金を無利息で借りたいのであれば無利息期間が用意されているカードローンでの借り入れがおすすめです。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますから結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。