クレジットカードなしのETCカードの作り方とは?

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここでは一般的なETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2つになります。

各クレジット会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規カードの申し込み時に一緒に申請でき、現在クレカを持っている場合は追加申し込みでとても楽なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額をデポジットとして預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえクリアできれば携帯料金の未納など何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いが補償金が必要かの有無です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードの2倍近く高いです。

高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがインターネットを見ていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油時の支払いはできますか?」という質問です。

結論を言うと、基本的にはできません。

「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC走行ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中に休憩をしようとパーキングエリアで買い物をするときに一度車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの使用を考えると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスでは本人確認を行うために登録情報として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などいくつか情報が必要になります。

レンタカーの車載器管理番号など自家用車などでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

車に乗る方の多くは便利なETCカードを作っていると思います。

現在持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

現在、クレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

ここでは現在カードを持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

車にあまり乗らなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると普通車料金が現金、クレカ支払いで3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレジットカードによってはガソリン給油時の割引などがついているカードもあります。

高速道路の料金所をスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のサイトに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETC無線通行を利用しているということです。

料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加申し込みで発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時に申し込みができます。

最近ETCカードを作ろうと思って調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、ETCカードは車載器がなくても利用可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、人件費削減などの人件費削減や渋滞の解消が目的となっており手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことやお得なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は損しないために車載器を付けましょう。

皆さんはETC カードを作る際にどういった部分をチェックしてカードの発行申請をしましたか?所持しているクレカ会社にそのまま発行申し込みをしている方や年会費無料などの費用が発生するかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを申し込んでいない方に向けて他の方がカードを作ったときにどういった面を見て作ったのかを調べてみました。

高速道路をあまり利用しないという方は年会費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率の高いカードを選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

就職や転勤などで大都市へ引っ越すと車に乗らなくなります。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを持っている方はカードの解約を考える方が多いと思います。

その際にクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日で処理完了というように時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分が認識できないように真二つにハサミを入れ、外から見えない色付きの袋などに入れた後に燃えるゴミとして処分してください。

大学進学など生活環境も変わり車の免許を取って遠出をしたいと考えている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でも春くらいになるとどこで作れるの?といった質問も散見されます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードはsuicaのように購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

クレカなどのように申し込みをして取得するものになります。

高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと呼ばれるものと一般的に普及しているクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

対応していなければ新しくクレカを申し込みしてその際に一緒にETCを申し込みしましょう。

ETCカードを挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、焦ってしまうと思いますがそんな時こそ落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

仮に失くしたという場合でも警察へ届け出をしてください。

そのあとにどこに連絡するかはカードの発行元によって変わり高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

電話がつながる時間は限られているので連絡する際は時間に気をつけてください。

クレカ会社発行の場合は発行元の各クレカ会社へ連絡をします。

カード会社によって若干対応の違いはあると思いますが多くの会社では24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

ここぞというタイミングでトラブルが起きる方っていますよね。

というのもこの前ETCカードを使おうと思ったら財布の中から見つからなかったんです。

その後自宅に帰ってから改めて探しても見つからず気づかぬうちに失くしてしまったようです。

こんな時の対応にあまり慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

紛失したカードの停止・再発行の手続きをしてから10日くらいで再発行された新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても落ち着いて行動をしましょう。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利なETCカードですが、取り扱っている会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が確認するのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大きく分けて3つのタイプに分類され、年間の利用額を問わない年会費無料のタイプ、年間の利用額など条件付きで年会費無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプがあります。

更新費に関しても同様に無料と有料のカードがあり、発行費が有料なカードだった場合、多くのカードで更新費も有料になっていることが多いです。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べてあまり渋滞の影響を受けずにスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?ネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし紛失盗難が起きてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には様々なトラブルが発生しているようで起動時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカーで挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できれば高速道路を使うときだけ挿して使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

車の免許を取ったばかりの大学生、専門学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえクリアできれば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードの2倍近く高いです。

車で旅行に行くときに便利なETCカードですが、取り扱っているカード会社が多くてどこを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社ごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人がチェックするのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費については大体3タイプに分かれており、1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年に1回以上の使用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプがあります。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だったら更新費も有料、無料だったら更新費も無料になっていることが多いです。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けることができるからです。

例えば、NEXCOが管理している高速道路の地方部利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引などいろいろな割引を行っているようです。

また、割引が適用されない区間でも多くの方が経験したことのある料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作っておきたいなと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうか新しくクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

高速道路の料金所をスムーズに通過できるETCですがネット上でこんな質問を見つけました。

それは「給油するときにETC決済はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的には不可能になっています。

「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

検索してみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型のメリットは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽なところですが高速道路を走っている途中でクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

皆さんはETC カードを作る際にどういった部分をチェックしてカードの発行申請をしましたか?持っているクレカからweb上で発行申し込みをした方や発行手数料や年会費を気にして作った方もいると思います。

ここでは現在ETCカードを持っていない方に向けて他の方が申し込んだときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速道路をあまり利用しないという方は年会費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのクレカ支払い時にポイント還元率が高くなっているものや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞くことがあります。

中には独立して法人化を行い社長となる人も増えているそうです。

個人事業主の方は経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

打ち合わせなどで移動する際の交通費は領収書が多くなりがちで毎回領収書を出して保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

そうすると高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと同じ流れとなり法人専用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、法人用カードの発行は独立したばかりの人にとって1つの関門と言われるくらい審査に通りにくいようです。

高速道路を利用するときに便利なETCカードですがカードの選択肢が多くて選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

1つ目は発行手数料、年会費どちらも無料となっているライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇る楽天カードです。

クレカは年会費がかかりませんがETCの方は年会費がかかります。

年会費を機にする方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

大学生になって車の免許を取ったばかりという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく2種類に分類されます。

各カード会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みでほぼ無審査に近い状態なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

高速道路の料金所でたまに渋滞が発生していますよね。

一般レーンでの渋滞の多くが係員と直接現金をやりとりする時間からとなっており 多くの方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用時のメリットについて少し調べてみました。

最大のメリットとして、料金所で券や現金を係員と直接やりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に東京湾アクアラインでは割引前と後で差額が大きく一般レーンでの普通車料金が約3000円のところ、ETCレーンでは割引適用で800円と半額以下になります。

最近ETCカードについて調べていたところあまり世間的に知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードで支払い可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由としての人件費削減や渋滞の解消が目的とした部分が手渡しでは意味がありません。

そのため通常の利用額に応じたポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや様々なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は損しないために車載器を付けましょう。

高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少し気になったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式の良いところは、配線が少なく済むので見た目がスッキリすることや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動しないようにハンドル周りに設置することで操縦性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため盗まれにくくなる反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

買い物などの色々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速道路を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードで買い物をした時にはスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

付与率に関してはETCでもクレジットカードと同率で付与されるカードもありますが、多くのカードではクレカ利用時に比べ付与率が減少していることが多いようです。

他にも、数は少ないですがポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方は還元率の面から選ぶのもいいかもしれません。

高速道路の料金所で止まらずにスムーズに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

ほとんどの方がETCを活用しているということです。

割引額に関しても東京湾アクアラインではETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンでの通常料金は約3000円と大きく異なります。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で発行、クレカを持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みもできます。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかし普通のキャッシュカードと思っていたらクレジット機能がついている場合はそのまま発行手続きができます。

なぜキャッシュカード機能のみだと作れないかというとETCレーンを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまった場合にETC出口が通れなくなり立ち往生してしまうからです。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから知人からカードを借りてくる。

という話をよく聞きます。

技術的には他人名義のカードでも使えますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

クレカの仕組みを簡単に説明すると名義人の買物支払い時にカード会社が一時的に利用料金を立て替えて名義人の口座から後日まとまった金額を引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。